FC2ブログ

エアロバイクとストリートビューを連携するための環境作り ~Raspberry Pi編~

こたつ

エアロバイクを使ってGoogleのストリートビューを動かすために
私がやったことを書きます。

ほとんどmakopi23さんの以下のブログを見て作ったので、
これを見て頂ければできると思います。
エアロバイクをGoogleマップに連携して、おうちで自転車旅できるアプリ作った

大まかな流れは以下の感じです。
①Raspberry Piの環境を作る
②Raspberry Piにソフトウェアを入れる
③Raspberry Piとエアロバイクを繋ぐ電子回路を作る
④エアロバイクを購入

持っていればそれを使う事もできると思いますが、
私は全て購入したので総額約2万円掛かりました。

まずは、Raspberry Piの環境を作ります。

Raspberry Piのバージョンはいろいろあるので迷うところです。
新しいものほど高性能ですがその分値段も高くなります。
古いものでも動作するそうなので、予算に合ったものを購入するとよいです。
私は一世代前のRaspberry Pi 3A+にしました。

Raspberry Pi 3 Model A




本体だけの購入もできますが、他に何が必要かわからなかったので、
Raspberry Pi 3A+のスターターセットを約6000円(送料別)で購入しました。

Raspberry Pi 3A スターターセット




実際に購入したものはこちらです。
本体、電源ケーブル、HDMIケーブル、マイクロSDカード32GBです。
他、3A+はUSBポートが1つしかないので、
100円ショップダイソーで200円でUSB分配器を購入しました。
セットアップ時にはUSBマウス、キーボード、HDMIと繋がるテレビまたはモニタが必要ですが
使うのは最初だけなので、家にあるのを一時的に使用すればOKです。
あとはインターネット環境は必要です。3A+はLANポートがないので、WiFi環境で使います。
Googleストリートビューとエアロバイクの連携Raspberry Pi

本体は手のひらサイズ。
これだけでパソコンとして動くのでビックリです。
Googleストリートビューとエアロバイクの連携Raspberry Pi

まずはマイクロSDカードにOSをインストールします。
自分が普段使っているパソコンにSDカードを差して行います。
以下のブログを参考にしてインストールしました。
特に問題なくスムーズにいきました。
Raspberry PiへのOSのインストール方法

インストールしたSDカードをRaspberry Piに差して、
テレビにHDMI接続して電源ON。
上手くいくとテレビにこんな画面が表示されます。
Googleストリートビューとエアロバイクの連携Raspberry Pi

ウイザードに従ってWiFi設定等の初期設定を行います。
あと、外部から接続できるようにSSH接続を許可する必要があります。
こちらのブログを参考にしました。
Raspberry Pi 3を初回起動してからSSH接続まで

これでRaspberry Piの環境はできました。
次回はこれにソフトウェアを入れていきます。
関連記事
スポンサーサイト






にほんブログ村 旅行ブログ 家族旅行へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

Comments 0

There are no comments yet.